歴史
大阪西淀ライオンズクラブは、 1963年(昭和38年)7月27日に結成しました。全国では 618番目、大阪市内では28番目、世界では 6,479番目でした。30度を越す猛暑の中、西淀中小企業会館 の中で産声をあげました。会長L塩見音一、幹事L佐藤政二を中心として、チャーターメンバー52名 が一体となリ、活動開始しました。
西淀川区
古くから農漁村として栄え、今もその名残として、島の地名が多く残されています。明治・大正・昭和 の初期にかけて、紡績・機械・金属・鉄鋼・化学といった近代工業が集中し、一大工業地帯を形成しました。 そして活力あふれる産業活動が展開されましたが、一方でこれらの工業地帯は大気汚染の発生源となり、 深刻な公害問題が発生しました。

しかし、大阪市では、いち早く発生源対策を鋭意推進し、一定の成果をあげました。区内の住環境の整備 も進み、ゆとりと潤いのある街づくりが進められています。特に、旧中島水道・大野川を埋め立ててできた 大野川緑陰道路は、緑豊かな憩いの場として広く区民の皆さんに親しまれ、健康づくりの場として活用 されています。

区の全域が低地帯のため、過去幾たびにも水害をこうむりましたが、浸水対策として大規模な防潮堤が 築造され、今後の抜本的な浸水対策として「淀の大放水路」建設が、2005年完成を目指して 進められています。

大阪市の北西部に位置し、淀川・神埼川・左門殿川にはさまれ、大阪市と尼崎市を結ぶ要地に所在しています。


マーク人  口     96,402人
マーク世帯数    44,115世帯 (平成25年5月1日現在)
マーク面  積     14.23平方キロメートル
マーク区の花       サザンカ


西淀川区


全体の地区

西淀川区地図